釣行記(タチウオ)

こんにちは院長の武田です。

最近は会議なので行けなかった釣りですが、久しぶりにタチウオ釣りに行って来ました。タチウオは海中で立って(縦向き)泳いでいる事や、文字通り「太刀」に似ているから太刀魚と呼ばれているそうです。スーパーでも時々切り身を見かけますが、釣りたての太刀魚は眩いばかりの銀色で自分が魚体に映るほどです。

例年ですと、この時期は小さいタチウオばかりなのですが今回はそこそこ型も良くドラゴン級も釣り上げることが出来ました!!

 

 

 

 

 

タチウオの大きさを表現するときは通常の魚の様に○○cmとかではなく、タチウオの一番太い縦幅に指を当て「指3本」「指4本」などと現します。そして指5本サイズ以上になると「ドラゴン」と釣り人の中では呼ばれています。

そして、このタチウオですが意外と身近で釣れます。私も初めて行った時は「えっ!こんなところで釣れるの?」とびっくりしました。今回は横須賀の義和丸さんで釣りをしましたが、釣場も港の目の前にある猿島の少し沖くらいで釣れます。この魚は群れを成すのでおのずと釣り船も集まって来て広い海の上なのにそこだけ渋滞?します。凄い時だと、密集しすぎて他の船の釣り人とお祭り(糸が絡まる)ほどです。

 

 

 

 

 

私が釣りに行くものは食べて美味しいものがほとんどですが、今回のタチウオも大変おいしいです。特に市場では多分なかなか食べられないと思いますが太刀魚の刺身が絶品です。新鮮なタチウオは焼いてもその身はふわふわで身離れも良いので子供達も大好きです。

 

 

 

 

 

ご馳走様でした。海の恵みに感謝します。

逗子デンタルクリニック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA