マウスガード

こんにちは院長の武田です。

皆さんは「マウスピース」と言うと何を思い浮かべますか?

歯医者が言うと、矯正のマウスピースなどや顎関節症のマウスピース等を思い浮かべるかもしれませんが、一般的にはボクシングなどのマウスピースが思い浮かぶのではないでしょうか。

スポーツで使用するマウスピースはマウスガードと呼ばれ、歯や歯茎を守るだけでなく顎関節や唇などの保護にもなっております。さらには脳へのダメージを軽減し脳震盪予防や頚椎損傷を減少すると考えられています。

以前はスポーツにおいてのマウスピース普及率は低かったですが、近年ではボクシングはもちろんのこと、キックボクシング、空手、アメリカンフットボール、ラグビー、ラクロス(女子)などはマウスピースの装着が義務付けられています。

装着義務の無いスポーツでも、バスケットボールやサッカーなど他人との接触があるスポーツでは装着が推奨されております。実際に、敵選手との接触によって歯牙破折や歯肉裂傷等は診察をしていて珍しくはありません。

今回は、当院にラクロスをしてらっしゃる方が来院されたので新しくマウスガードを作成しました。ご自分のカラーが緑と言うことでしたので緑のラメ入りで作成しました。最近のマウスガードは様々な柄や色を選べますので他人とは違った自分用を作成できることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マウスガードは、個々によってはもちろんの事ですがスポーツの種類によってもその大きさや厚さなど様々ですので歯科医院での作成をお勧めします。

追記:先日バスケをやっている小学生の息子のマウスガードを作成したところ、なんかシュートが調子良いと言っていました(笑

注! シュート能力は努力で伸ばしてください

 

逗子デンタルクリニック

歯科医院以外での活動報告

院長の武田です。

前回のご報告させていただきましたが、警察協力歯科医の研修も終了し無事に委嘱状を頂きました。また、海上保安庁からも海上保安歯科医の委嘱状を頂きました。

 

 

今後も、診療所内での診療ももちろんですが院外での活動も活発にこなしていきたいと思います。

逗子デンタルクリニック

そのマスク意味ないかも?

こんにちは、院長の武田です。

最近は街中でもマスクをしている方を多く見かけるようになりました。マスクをする理由として、「風邪をひいてしまった」「花粉症なので」などがありますが、近頃は「暖かいから」「化粧を簡単に済ませられるから」や「予防のため」などの理由もあるそうです。

しかし、マスクをしている方を見ていると結構間違って使用している方が多いです。

マスクの正しい付け方を知っていますか?

マスク

マスクは正しく付けないと、防御の意味がなるなるだけでなく感染の可能性を上げてしまうことにもなります。

マスクの種類

まず、マスクには様々な種類があります。

  • 家庭用マスク
  • 医療用マスク
  • 工業用マスク

さらにその中でも手術用、感染防止用、粉塵などの作業用など、その用途によって材質や大きさなど様々です。

家庭用マスクでも材質によって、保湿作用が良い「ガーゼ」タイプや、使い捨てを前提にした「不織布」タイプに分類されます。また、その形態においても「平型」「プリーツ」タイプや「立体」タイプなどに分類されます。

マスクの選び方

冒頭で書きましたが、マスクは正しく使用しないと使っている意味がなくなってしまいます。そのためには、その用途に合わせて正しい物を購入しなければなりません。昔はマスクといえば平型のガーゼマスクが主流でしたが、最近では不織布によるものがほとんどと思われます。先ずは、ご自分の顔にフィットするものを選ばなくてはなりませんのでそのサイズも「小児用」「女性用」「一般用」などから選択し、さらには口紅がマスクに付きづらい立体型、めがねが曇り難いなどその用途によって選んでください。

マスクの選び方:日本衛生材料工業連合会

マスクの使用方法

ここが一番重要ですので以下にポイントを列挙します。

プリーツ型マスクは、ひだを下向きにする! ひだが上向きだと、ひだの中に花粉などが溜まってしまい、それを逆に吸い込むことになってしまいます。

・マスク上部のワイヤーを鼻の部分を曲げてしっかり顔に沿わせてください。また下部はプリーツを伸ばして顎の下まで隠れるように装着してください。マスクは顔に密着させることが重要です。

不織布マスクは使い捨てです!不織布マスクは一回使用したら捨ててください。数日間使うとかはマスクの意味がありません、1日使用したらマスクは、花粉やウィルスだらけです。さらに、使用後に外すときもマスク本体には触れずにゴムの部分だけもって破棄してください。

・マスクを下にずらして顎に掛けることは、顎に付いた飛散物をマスク内面に付けてしまうのでやめましょう。

マスクに留めてあるゴムの部分は外側です。ゴムの止め部分は、より顔に密着させるために通常は外側になっています。

以上マスクを正しく使用して健康維持に役立ててください。

逗子デンタルクリニック