お薬の分類

こんにちは、受付の中村です。

皆さんが普段飲まれているお薬には分類があるのはご存知でしょうか。今回はその分類についてお話させていただきます。

薬は大きく分けて、医薬品医薬部外品の2つに分かれています。

病気の治療を目的とし、厚生労働省より、配合されている有効成分の効果が認められたものを医薬品といいます。医薬品はさらに、医師・歯科医師が処方する「医療用医薬品」と、市販で購入することが出来る「一般用医薬品」に分かれます。

医療用医薬品は効果の高いものが多く、副作用に注意が必要なので医師や薬剤師の指示をしっかり守って服用することが大切です。

一般用医薬品は、医療用医薬品と成分が同じでも有効成分の含有量が少なくなっているものもあります。

市販で購入することができる一般用医薬品ですが、ドラッグストアなどには様々な種類の薬がたくさん並んでいるのはご存知かと思います。実は一般用医薬品はさらに3つのカテゴリーに分かれています。

 

〇第1類医薬品・・・販売は薬剤師のみで、副作用・相互作用などの項目で安全性上特に注意を要するもの。

例)解熱鎮痛剤の「ロキソニンS」や鼻炎用薬の「アレグラFX」など

〇第2類医薬品(指定第2医薬品)・・・副作用、相互作用などの項目で安全性上注意を要するもの。その中で特に注意を要するものを指定第2医薬品といいます。

例)花粉、アレルギー性鼻炎薬の「アレジオン20」や胃腸薬の「がストール」など

〇第3類医薬品・・・第1類、第2類医薬品以外の一般用医薬品。

例)鎮痛消炎剤の「サロンパス」やビタミン剤の「アリナミンEXプラス」など

 

これらは効き目の強さではなく、使用されている成分によって分類されています。たとえば、解熱鎮痛剤のバファリンはいくつか種類がありますが、主成分が違うことによって第1類医薬品と第2類医薬品に分かれています。

そして、始めにお話しした医薬品の他に医薬部外品というものがあります。医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果や効能に有効な成分が一定の濃度で配合され、予防・衛生を目的としたものです。

薬用化粧品や入浴剤、育毛剤も医薬部外品に該当します。市販の歯磨き粉やハンドソープなどに“薬用”と書いてあるものを見たことがあるかと思いますが、これは医薬部外品のことを指します。「殺菌」や「消毒」の表示があっても、悪いところが治るということではありません。治すのは治療を目的とした医薬品になります。

 

このように、薬はいくつかに分類されています。どの分類に属しているかは基本的にパッケージに記載があります。

薬は市販で手軽に購入できますが、その分リスクが伴うものもありますので、医師・歯科医師または薬剤師に相談するか説明書をよく読んで正しく服用しましょう。

うがい薬

こんにちは!受付の中村です。

皆さんは、うがい薬を使用したことがありますでしょうか。

うがい薬には、お口に爽快感を与えたり口臭を防いだりする「洗口液」と、歯磨き粉の代わりとして使用し、ブラッシングを合わせて行う「液体はみがき」があります。

様々なうがい薬がドラッグストア等で販売されていますが、今回は歯科医院専売でアース製薬さんから出ている「モンダミン HABITPRO(ハビットプロ)」という洗口液をご紹介致します。

ハビットプロは爽快感や口臭を防ぐだけでなく、口腔内の原因菌を殺菌するほか、歯垢付着を抑制したり、虫歯や歯肉炎を予防する効果があります。

また、歯ブラシでは磨きにくい歯や、舌・粘膜にも液体が行きわたるので、お口全体をケアすることができ、薄める必要がありませんのでいつでも正しい濃度で使用でき、安定した効果が得られます。

ハビットプロは、すすぐだけでも効果はありますので、外出先などで歯みがきが出来ないときに使用することが出来ますが、ブラッシングした後の使用で効果を最大限に発揮できます。

なので、当院では持ち運びに便利な80mlの小さいタイプを販売しております。

お口の中の細菌は歯ブラシのみでは除去することが出来ませんので、正しいブラッシングと洗口液の習慣化により、お口の健康を保つことが大切です。

学会発表

こんにちは院長の武田です。

2回目の緊急事態宣言が発出され、まだまだコロナにおける不安が払拭できずにいる昨今ですが、こんな時期でも災害は待ってはくれません。現在我々は、新型コロナ感染症蔓延下での避難や避難所での対応なども検討されております。

本日も警察歯科医会全国大会という学会が行われました。本来なら昨年の夏に行われるはずでしたが、今日に延期になりしかもWebによる大会となってしまいました。この大会で私も発表を行いましたが、災害に対する対応についても多く検討されておりました。

 

今後、鎌倉保健福祉事務所での災害に対する会議も控えておりますが、こんな時期でも油断することなく日々を過ごしたいと思っております。

逗子デンタルクリニック

感染対策

こんにちは院長の武田です。

本院は以前より感染対策に力を入れてまいりましたが、先日当院では2人目となる日本医療機器学会の第二種滅菌技士の試験に当院の歯科衛生士が合格したしました。

新型コロナウイルスの感染の危険性について多く報道されておりますが、目に見えない敵と戦うには正しい知識が必要となります。そのためにも当院では、今後もさらなる知識の向上を目指し私だけでなくクリニック全体で頑張っていきたいと思います。

それでは早期にこの新型コロナウイルスの終息するようお祈り申し上げます。

 

逗子デンタルクリニック

マスクについて

こんにちは院長の武田です。

皆さんご存じのように新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄になっております。街中でもマスクを着けている方を大勢見かけますが、よく見ると間違ったつけ方をしている方が多くいらっしゃいます。最近では、マスクのポイ捨てに伴いマスクの外し方などがテレビでは流れていますが、装着方法が間違っていてはその効果を得ることができないだけでなく害になってしまうこともあります。マスクのウイルスに対する効果は別として、以前にマスクのつけ方をブログに載せていたので再掲いたします。